ポケモンガチ環境の考察がメイン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近の運がgmkz過ぎて勝てませんってわけで技の命中をできるだけあげるとともに耐久重視のパーティを組んでみたいと思います。

いやさすがにファイヤーのエアスラで4回もひるんだりとか勝てないですから^-;

タイトルにもあるようにラティハッサムです。

ラティアス@拘り眼鏡
175-×-123-130-150-178
流星群 サイコショック 波乗り トリック

ハッサム@拘り鉢巻
165-200-133-×-100-85
バレパン 電光石火 とんぼ返り 燕返し

ヒードラン@食べ残し
191-×-127-155-129-141
火炎放射 毒々 守る 身代わり

ギャラドス@ラム
191-151-108-x-121-143
滝登り 氷の牙 身代わり 竜の舞

サンダース@襷
140-×-80-162-115-200
10万ボルト めざめるパワー氷 欠伸 ボルトチェンジ

キノガッサ@毒々玉
153-151-102-×-93-134
種爆弾 ローキック キノコの胞子 身代わり

命中が100でない技は流星群と氷の牙と毒々のみであり命中という点での安定は確保できたと思います。
さすがにそれはずしたら勝てないと思っていいでしょう^-^

次に後出しのしやすいポケモンが多くいます。
ラティアスは格闘全般に対してほぼ確実に役割を持つことができます。
厳しいといえば火炎玉ローブシンの交代読み冷凍パンチや空元気ですね。

サンダースを採用したのは欠伸ボルチェンでの後続へのサポートが主であり比較的ボルトロスがささっているためそのためのカードとして用意しました。

今回のハッサムはBを重視した配分になっています。
どうしても鉢巻竜がネックになってくるためラティオスはヒードランに任せてBを少し厚めにしました。

テクニシャンガッサがはやっている中でのポイヒガッサですが絶対に強いです。
というかなんでテクニがはやってるかすらわかりません。
いやまあ対面構築においては先制技があるテクニのほうがいいに決まってますが。
種マシンガンではなく種爆弾なのは209ガブ意識で身代わりを確実に壊せるようにするためです。

このパーティで一番ネックになるのは対雨パーティでしょう。
キングドラが珠で流星群がなければラティアスで対面なら突破できます。
もしくはキノガッサで眠らせてはめるのがいいでしょう。最悪襷ダースでなんとかなるとおもいます。

以上
スポンサーサイト
2012.08.31 / Top↑
先日アティエスさん主催のローテ紅白戦に参加してきました。
自分は白組でした。相手はSTARさんでしたがなんとか勝利でき、チームも勝てたので最高の結果でした。
後日また記事を書こうと思います。

そして今回はシングルバトルです。
先日のローテ紅白戦で自分が試合やってる裏でぎんさんが使用していたココロモリが大活躍していました。
これはシングルでもワンチャンあるんじゃないかということで考察してみます。

おそらくローテではこれから流行る可能性が微レ存。
というかだいぶ前に響さんに使われてボコボコにされてたので強さ自体は知ってた(

というわけでココロモリ

種族値:67-57-55-77-55-114 計425

どうみてもgmです本当にありがとうございました。
数字がきれいじゃないのも気になる(

特性1:てんねん
蝶の舞や瞑想に臆せずせめられる!!!→素で倒される よってgm まあ度忘れ積めば何とかなるかも?

特性2:不器用
S114からトリックやらスキスワやらが出来るけどそれした後すぐ倒されるだろう。
まあBW2になるまではトリックすらなかったから正真正銘のgmkzだった時よりまし。

夢特性:単純
BW2の隠し穴で解禁された特性。唯一の単純で瞑想が使える。
特功2段階特防2段階同時にアップする強さは初代度忘れを彷彿とさせる(初代やってないけど)
そしてなによりアシストパワーが使えるということが一番の目玉。

アシストパワー
威力20 命中100% PP10
能力変化一段階Upにつき威力が20上がる。

これにより瞑想1回で威力が80上がりサイコキネシスの威力を上回る。
瞑想2回でVジェネレートの威力と同じになりしかも特功4段階アップとマジキチ火力になる。

性格考察

臆病以外ありえない。ほかに性格補正かけるとせっかくラティオスやらボルトロス抜けるのにもったいない。
耐久もgmだから期待しないほうがいいです。どれぐらいgmかというと眼鏡特化霊獣ボルトの10万を4段階アップでも素で耐えません。
まあこの場合は霊獣ボルトの火力がすごいだけかもしれないですけど。

努力値考察

とりあえず思考停止でCSぶっぱで問題ないと思います。
上にも書いたとおり耐久は期待できないので耐久に振る意味も薄いです。
まあ最悪鉢巻カイリューの神速耐えぐらいでいいでしょう。(B12振りで確定耐え。B4で85.2%~100.7%)

持ち物考察

耐久がgmなので襷は有力候補に入ります。
キノガッサの胞子読みで繰り出せばほとんどの場合瞑想が積めるのでラムも候補。
クソゲー仕掛けるために光の粉、のんきのお香も普通に候補に入りますね。

個人的なお勧め度は
粉≧襷>ラム

技考察

確定技:アシストパワー 瞑想
選択技:影分身>身代わり≧めざめるパワー=熱風>エアスラッシュ

選択技は左ほど優先度が高いと思います。
影分身は小さくなると同じく回避率2段階アップの技になる。
影分身+瞑想1回でアシストパワーの威力が140になりサイコブーストとなる上瞑想で2段階Cがアップしているのでいくら77族といえど侮れない火力になる。

身代わりは影分身と相性のよい技。粉やラムの場合なら問題なく採用できます。
ランダムレートでいる悪タイプはほぼバンギラスのみなのでアシストパワーだけでも十分。
バンギラスはめざ格闘でもない限り突破できないので後続に任せるor選出しない安定ですね。

めざめるパワーについて

お勧め度は
地面=格闘>氷>その他

バンギラスやメタグロスが天敵となるのでその両方に抜群で入れられる地面の優先度は高いでしょう。
バンギラスに絞る場合は格闘でメタグロスやその他鋼に対しては熱風があるのでそちらで。
しかしメタグロス、ドータクン以外の鋼ならば瞑想2回積み&影分身1回アシストパワーでHDナットだろうが2発吹っ飛ばせるので問題ないですね^-^

エアスラはあるとラス1対面ガッサの場合に役に立つ程度。範囲的にはそんなにいらないと思います。

pt構築

まずココロモリの使い方は持ち物によって変わります。
襷の場合はサポートなしで瞑想や影分身を積めるので単体で採用しても問題ないでしょう。
粉やラムの場合は影分身1回で出来るだけ避けれるように壁や電磁波サポートがほしいですね。
今回は後述の場合で使っていこうと思います。

さすがにgm耐久といえども壁があれば1回は不一致抜群や一致等倍なら耐える(はず)。
そこで壁貼り要因として安定性があるライコウ、蛇にらみで麻痺テロが出来るジャローダが候補になりますね。。
というわけで今回はライコウを採用してみます。

次にライコウといえばローブシンというわけでローブシンを採用。
これにも理由があり、前述のようにバンギラスが苦手なココロモリと相性がよいためですね。

後は電磁波、ステロが巻けて耐久基地外のバンギラスやラッキーが候補に挙がります。
この場合はバンギラスでよいでしょう。ラッキーもってないだけとかいわない()格闘技1/4のココロモリとの相性も悪くないと思います。

ここまでで
バンギラス ライコウ ローブシン ココロモリとなったわけだが後は現環境を意識したポケモンやつらいポケモンの対策を入れるのがいいでしょう。
まず起点パであるので対面構築には分が悪いです。そのポケモンたちに対抗できるポケモンとしてスカーフメタグロスなどがよいと思います。
マンムーの地震を確定で耐えるぐらいの調整がちょうどいいです。
影分身しても必中吹雪を当ててくるユキノオーも対処可能ですね。

後一体は全体的に鋼がつらいということでウルガモスあたりがいいですね。
ラムウルガモスならハッサムやキノガッサといった相手でも問題なく対処できる可能性が高いのが魅力です。

というわけで

バンギラス メタグロス ライコウ ローブシン ウルガモス ココロモリ と決まりました。

どう考えてもココロモリが浮いているが気にしたら負け(
竜がいないけどそこまで困ることもないとおもいます。メタグロスをスカーフにしていることで舞った意地カイリューでも倒すことが可能ですし。
机上論はここまでにして実際にまわしてみてまた感想を書いてみようと思います。

以上
2012.08.29 / Top↑
記事全削除する前に載せていた雨パーティの改善案

テンプレ配分の調整は省略。

ニョロトノ
特性:あめふらし
性格:控えめ
持ち物:こだわりスカーフ
個体値:31-30-31-30-30-30
実数値:165-×-108-144-120-120
努力値:0-×-100-168-0-240
技:ハイドロポンプ めざめるパワー飛行 冷凍ビーム 滅びの歌

キングドラ
特性:すいすい
性格:控えめ
持ち物:こだわりめがね
個体値:31-×-31-31-31-31
実数値:151-×-115-161-115-137
努力値:4-×-0-252-0-252
技:ハイドロポンプ 波乗り 竜の波導 寝言

ボルトロス
特性:いたずらごころ
性格:臆病
持ち物:達人の帯
個体値:31-30-30-31-31-31
実数値:168-×-102-150-101-179
努力値:100-×-56-100-0-252
技:10万ボルト めざめるパワー氷 挑発 とんぼ返り

ガブリアス
特性:鮫肌
性格:意地っ張り
持ち物:気合の襷
個体値:6v
実数値:184-200-115-×-105-153
努力値:4-252-0-×-0-252
技:逆鱗 地震 ダブルチョップ ストーンエッジ

ナットレイ
特性:鉄の棘
性格:生意気
持ち物:食べ残し
個体値:31-31-31-×-31-0
実数値:181-122-162-×-165-22
努力値:252-64-84-×-108-0
技:ジャイロボール 宿木の種 守る ステルスロック

耐久
A181テラキオンのインファイト耐え
C161キングドラの眼鏡雨ハイドロ2耐え

ローブシン
特性:根性
性格:意地っ張り
持ち物:火炎玉
個体値:31-31-31-×-31-31
実数値:181-210-144-×-86-69
努力値:4-244-228-×-4-28
技:マッハパンチ ドレインパンチ 空元気 ビルドアップ

全体解説
大きな変更はテラキオン→ローブシン
理由はメタモンのせい。今までのこのパーティでの受けループ突破法は舞テラキによるゴリ押しであった。
しかし、能力変化までコピーする変わり者メタモンの登場で舞ったテラキがコピーされると止められるポケモンが全くいない。
スカーフ前提でも倒せるのは雨下のグドラのみと圧倒的に不利である。
よって今回は火炎玉ローブシンを採用した。

最近の傾向的に対面構築が流行っているためキノガッサ、マンムー、ボルトロスへの対策は必須であると言える。
そこでニョロトノにスカーフを持たせる事でそれらのポケモンに厚くした。
逆に天候ポケモンは減少したようなので天候が取れるようになりキングドラの選出はしやすくなった。

単体解説

スカーフめざ飛のテンプレ
スカーフにすることで対ドリュウズを後出しから狩れる。
只今全盛期のキノガッサに対面したときに確実に倒せるめざめるパワー飛行は必須であると言える。

キングドラ
キノガッサの増加で寝言を採用。
基本は波乗りかハイドロポンプを打つ。
ナットレイの減少でかなり動きやすくなった。

ボルトロス
安定の調整。
この調整以外考えられないぐらい使いやすい。
ガッサ対面を考えて挑発もち。
ナットレイ、バンギラスは他で見れるので気合玉は見送り。

ガブリアス
鮫肌解禁で舞った満タンカイリューを死に出しで狩れる。
最速である必要性が感じられなくなってきたため意地っ張り。

ナットレイ
全体の素早さが高いため電磁波は抜いてステルスロック。
ラティやカイリューに打点を入れるためにジャイロボールにした。
守るの枠をパワーウィップやタネマシンガンにしてもよい。

ローブシン
エアームドを見るためにビルドアップを採用。
メタモンにコピーされたところで相手は根性を発動していないので有利。
ついでにキノガッサも見れる。

以上
2012.07.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。